鯖を楽しみ、鯖をとおして人と、世界と、つながる

どこのスーパーでも売ってるお馴染みのさかな「鯖」、鯖はその昔から各地で人々に親しまれ、地域によっては歴史とともにある魚であり、各地でブランド化されるほどの旨い魚である。
東京・西小山、武蔵小山周辺の鯖好きが集まり「さば部」を結成。「鯖」をテーマに、日本全国の鯖や鯖料理を楽しみ、鯖について語り、鯖ライブや鯖に関わりの深い方のトークショーを行う「鯖ナイト」を定期的に実施。鯖消費および漁獲量の高い県との、コラボレーションも人気となる。
鯖ファンの多さをきっかけにその輪が広がり、2013年「全さば連」(全日本さば連合会)を結成。鯖好きの「さば友」たちと日本全国・世界の鯖、鯖料理、サバ缶を楽しみ、鯖文化を語り、鯖カルチャーを発信し、鯖で多くの方々と交流をはかること、そして、鯖のための環境を考えることを趣旨に活動している。その積極的な取り組みに、メディアからの取材依頼を受けるとともに、鯖についての情報発信、企画提案も行っている。
全さば連Facebookページも盛り上がっている。

全日本さば連合会の主な活動

・イベント「鯖ナイト」の企画・運営
・鯖にまつわるプロモーション
・鯖関連のプロダクトデザイン
・鯖を使ったレシピ開発およびフードコーディネート
・鯖にまつわる媒体制作

全日本さば連合会の主なメンバー

小林崇亮(会長):サバニスト

本業/Webや紙媒体のデザイナー&ディレクター、プロモーション企画:ふむふむオフィス代表

1974年 福島県生まれ、会津若松育ち。海と音楽をこよなく愛する。大学卒業後、東京でデザイン&音楽生活を送るも、海の近くに行きたいと2008年から2011年11月まで沖縄に居住。沖縄で地域振興に携わりながらデザイナーとしての日々を過ごしていたところ、鯖への愛に気づく。以来、肩書きをサバニストとし、鯖について調べ始める。上京後、もっと鯖を知ってもらいたい一心で、最も身近にあるサバ缶について「サバ缶のジャケ買い」というテーマでいろいろな人と飲み語らううちに、全さば連の初代会長に就任。全さば連では、鯖ナイトや鯖かるたなど鯖好きに楽しんでもらえるコンテンツを企画運営中。

池田陽子(外交担当):サバジェンヌ

本業/薬膳アテンダント&エディター&ライター

宮崎県生まれ、大阪育ち。北京中医薬大学日本校を卒業、国際中医薬膳師資格を持ち、薬膳アテンダントとして活動。「ゆる薬膳。」(日本文芸社)など本の執筆、セミナー、講演を行っているが薬膳において、さばの「血行促進、肩こり、美白、クマによい」という効能から再度、さばの素晴らしさを再認識。「缶詰deゆる薬膳。」(宝島社)を上梓したことで、さらに「さば缶」の魅力を再認識。またエディターとして機内誌などで日本各地の食・食文化の取材執筆も数多く行うなかで、全さば連の外交担当に就任。各企業、自治体、さばファン団体との「さば外交」を行う。さば/さば缶を使った薬膳料理も担当。

佐藤暁子(料理担当):へしこ料理研究家

本業/燻製ニスト、パーティー料理コンサルタント、西小山カフェ&燻製バー店主

愛知県生まれ、愛知県育ち。鯖を意識しない人生だったが、ひょんなことから 鯖ナイトに参加。初めて「さば缶」と福井県の名物「へしこ(さばのぬかづけ)」を食べて、さば人生の幕開けがスタート。全さば連では、本業の燻製技術をいかした鯖の燻製、得意とするパンを使った各種「鯖バーガー」、日本各地の鯖料理を個性豊かにアレンジした料理を作る。「西小山カフェ&燻製バー」では、鯖ナイトでも人気の鯖の燻製、へしこピザ、鯖バーガー、鯖カレーなど鯖料理の数々が楽しめる。

藤きみよ(料理担当):サバマンマ

本業/栄養士&漢方スタイリスト&食文化デザイナー

1958年静岡県生まれ、東京育ち。幼きころより一番好きな魚料理はサバの味噌煮。
現在、目黒の西小山にて「フジコさんのちゃぶ台」日曜のお昼ごはんやを営みつつ、簡単/これだけ「バランスごはん教室」で美容、健康、元気のサポートを行う。
30代にして初めて海釣りを経験。そのとき釣ったサバのおいしさが忘れられず、釣ってはさばき、さばいては食う生活が続き、自他ともに認めるサバ好きに。
全さば連ではさばの無限の可能性を信じて、しめ鯖をはじめとする王道の料理から、サバーニャウカウダなどの創作サバ料理を制作。料理でサバの魅力を伝えるべく奮闘中。

ロッキー松尾(MC&サバ歌担当)

宮崎生まれの博多育ち。11月27日生まれ。
島田洋七氏の2番目の弟子を経て、中村敦夫劇団に参加しドラマ、映画など出演の経歴を持つ。
現在は、俳優、イベントMC、ナレーション、グルメリポーター、セミナー講師などなどマルチに才能を発揮中。(ロッキー松尾という芸名は、中村敦夫氏が名付け親)
小さい頃からサバを食べ親しんできた。中でも地元(宮崎県延岡市)の柿の葉寿司は、大好物。たまたま参加したサバ好きイベントをきっかけによりサバをひろめることを使命と感じるようになる。サバニストに昇格すべくいろんなサバを食し日々奮闘中。

木村雅章(写真担当):サバフォトグラファー

1976年三重県生まれ。西小山在住。
フォトグラファー。1976年三重県生まれ。日本大学生産工学部建築工学科卒業後、撮影助手を経て2009年より独立。現在フリーランスとして広告/エディトリアルを中心に撮影。自身の住む街 西小山をテーマにした「freepaper24580」や東急沿線の商店街を紹介する「商店街写真館」、ライブイベントや舞台の記録、障がい児の交流イベントや養護学校の撮影など幅広いジャンルで活動中。また鯖好きが昂じて全日本さば連合会の結成に参加。雑誌広告などの企画で八戸〜屋久島まで全国各地の鯖スポットを撮影中。

東浦亮典(料理担当):鯖缶料理研究家

1961年東京生まれ。
東急電鉄で都市開発部門の部長職でありながら、東急沿線の地域活性活動に勤しむ。
食べ歩き、飲み歩きも好きで、自称「品川B級グルメの会」会長。
料理にも関心があったが、中学時代、母親の緊急入院をキッカケに本格的に料理に目醒める!大学時代は任意団体のグルメサークルを主宰。フランス料理人になろうかと迷ったこともあったが、それは趣味の世界に止め、至極平凡なサラリーマン人生を歩む。今ではレシピには頼らず、冷蔵庫など家庭内に残った食材でなんとかするアリもの料理を得意とする。元々青魚系を愛することから、鯖の缶詰を究極の助かり食材として愛用することから、いつの間にか鯖缶料理人と呼ばれるようになる。

ながさき一生(調整担当):サバコーディネータ

本業/おさかなコーディネータ&セミナー講師&コラムニスト
新潟県生まれ&育ち。漁師の家庭の長男として生まれ、漁業を手伝いながら18年間を過ごす。東京海洋大学を卒業後、築地市場の卸会社に勤め、その後は同大学院にて修士取得。食べる魚の専門家として、数々のイベントを主催し、「五種盛りより三種盛りを頼め 外食で美味しくて安全な魚を食べる方法」(秀和システム)を出版するなど、魚の情報を楽しく伝えている。また、〆鯖だけの寿司桶を頼むほどに一家揃って大のサバ好きで、築地での卸時代には〆鯖やサバフィーレを主力商品として担当。2017年より全サバ連スタッフに合流し、内外の調整を担当。

ページトップへ